漢字検定1級用四字熟語・YOJIJUKUGO for Kanken level 1

漢検1級受検向けの学習において下記の四字熟語の重要度が比較的に低いと思われるが、それでも出題されないともいえないので、一先ず纂めた次第です。

有志竟成

ゆうしきょうせい 目的に向かって頑張れば、いずれ必ずそれを達成できるはず

燥荻枯柴

そうてきこさい 敵軍の戦艦を燃やす

志士仁人

ししじんじん 知識も人格がすぐれている人物

無妄之福

むぼうのふく 想定外の幸運

琴歌酒賦

きんかしゅふ 隠者の嗜み

毋望之禍 / 無望之禍

むぼうのわざわい 想定外の不幸

大名鼎鼎

たいめいていてい = 名声赫赫

秀外恵中

しゅうがいけいちゅう 外形も内心も優れている

面従背毀

めんじゅうはいき = 面従腹背

門衰祚薄

もんすいそはく 一族が落ちぶれる

面従腹誹

めんじゅうふくひ = 面従腹背

驚喜雀躍

きょうきじゃくやく 喜ぶ

堅守自盗

けんしゅじとう 見守る筈のものが、任されたものを盗む

驚浪雷奔

けいろうらいほん 波が強い

権貴栄達

けんきえいだつ 地位や立場が高い

物我一体

もつがいったい 自他の境界がない

門巷填集

もんこうてんしゅう = 門巷填隘

邂逅相遇

かいこうそうぐう 偶々であう

有脚陽春

ゆうきゃくようしゅん 有徳者

羊頭馬脯

ようとうばほ  外見と実態が乖離している

吐気揚眉

ときようび 成功をおさめて、よろこぶ

乱離骨灰

らりこっぱい = ばらばら散る

持盈保泰

じえいほたい 盤石で安定していて、安泰である

柳媚花明

りゅうびかめい = 柳暗花明

柳陌花街

りゅうはくかがい = 柳巷花街

開宗明義

かいそうめいぎ 冒頭で全体の内容を明かす

虎嘯風烈

こしょうふうれつ = 虎嘯風生

称体裁衣

しょうたいさいい = 量体裁衣

羨魚結網

せんぎょけつもう = 臨淵羨魚

木戸御免 

きどごめん 見世物が行われる会場に無料で入れる特権

敢為邁往 

かんいまいおう 思い切った行動

清浄寂滅

しょうじょうじゃくめつ 老子と釈迦牟尼の教えそれぞれ

三逕就荒 

さんけいしゅうこう 庭の三本の道が荒れ始める

羸縢履蹻 

えいとうりきゃく 落ちぶれる

鋒芒逼人 

ほうぼうひょくじん 鋭い弁論で人を圧倒させる

渇塵万斛 

かつじんばんこく 人を強い気持ちで待つ

集葯雄蕊

しゅうやくゆうずい 管状となった合着した雄蕊の葯の部分

弓馬槍剣 

きゅうばそうけん 様々な武芸

蜩螗沸羹 

ちょうとうふっこう かまびすしい

羚羊挂角 

れいようけいかく  害を防ぐ;痕跡を残さない;詩境の超脱

耳提面命

じていめんめい 細部に亘った説明

蓬戸甕牖 

ほうこおうゆう ぼろい家

篳門閨竇 

ひつもんけいとう 貧しい家

抱頭鼠竄 

ほうとうそざん 頭を抱えて、逃げる

胝肩繭足 

ちけんけんそく 努力する

蠹紙堆裏 

としたいり 沢山の古い書物の中

軒渠笑悦 

かんきょしょうえつ 笑うこと

魏紫姚黄 

ぎしようこう 牡丹;美人

楊朱泣岐

ようしゅきゅうき 人間は環境によって善にも悪にもなれる

御溝紅葉

ぎょこうこうよう 紅葉良媒

窮途潦倒 

きゅうとろうとう 苦しい境遇;失意

米塩瑣屑 

べいえんさせつ とても細かく複雑で、めんどい

睹物思人 

とぶつしじん 遺品で亡き人をしのぶ

操奇計贏 

そうきけいえい 好機を利用して、利益をむさぼる

良士休休 

りょうしきゅうきゅう すぐれた人物ははげみ慎んで心がゆったりする

良士蹶蹶 

りょうしけつけつ すぐれた人物は事にはげむ

外円内方 

がいえんないほう = 外柔内剛

良士瞿瞿 

りょうしくく すぐれた人物は慎む

去華就実 

きょかしゅうじつ 見た目を度外視して、本質を究める

帯金佩紫 

たいきんはいし 高い位

撥弓曲矢 

はっきゅうきょくし 撥ねかえった弓と曲がった矢

君子懐徳 

くんしかいとく 人を導く者は徳を目指さないといけない

銖積寸累 

しゅせきすんるい 少量でも集まれば大量になる

匏瓜空繫 

ほうかくうけい 優れた人が登用されない

嘘寒問暖 

きょかんもんだん 他人の生活にいろいろと気を配る

大壑拐然 

たいがくかいぜん 強く波打っている状態

救過不贍 

きゅうかふせん どうしようもないほど堕落した状態

捐金抵璧 

えんきんていへき お金を大切にしない

牽羊悔亡 

けんようかいぼう 真教あれば、で憂えることはない

巽与之言 

そんよのげん 穏やかで、柔らかかい言葉

改邪帰正

かいじゃきせい 悪事をやめ、正しい道を歩む

勿翦之歓 

ぶっせんのかん 聖賢の徳を偲ぶ意 =甘棠之愛

爵禄封侯 

しゃくろくほうこう 東洋画題:雀、鹿、蜂、猿

百骸九竅 

ひゃくがいきゅうきょう 人の体

唐明友悌 

とうめいゆうてい 兄弟仲の良いこと;親密な交際

化居懋遷 

かきょぼうせん 品物を交易する

敬頌新禧 

けいしょうしんき 新年を称える

悪湿居下 

あくしつきょか 矛盾:濡れたくないのに、湿ったところにいる

喜燥悪湿 

きそうあくしつ 脾臓の特徴:乾燥に強く湿気に弱い

蛛糸馬迹 

ちゅうしばせき 追跡の手がかり;痕跡

飢厭糟糠 

きえんそうこう 空腹時、劣悪な食べ物でも食べる

飽飫烹宰 

ほうよほうさい 満腹時、美味しくても食べたくない

適口充腸 

てきこうじゅうちょう 食べられるさえであるなら十分

具膳餐飯 

ぐぜんさんはん 食事を作法に従ってすべきである

信口開河 

しんこうかいが = 口中雌黄

信口雌黄 

しんこうしおう = 口中雌黄

囊蛍映雪 

のうけいえいせつ = 車胤聚蛍

先苦後甜 

せんくこうてん 苦労してから、楽する

瞻前顧後 

せんぜんこコウ = 狐疑逡巡

宋弘不諧 

ソウコウフカイ = 糟糠之妻

恍然大悟 

こうぜんたいご 小さい閃きから悟りの境地へ入る

金枝花萼 

きんしかがく = 金枝玉葉・瓊枝玉葉

殷天動地 

いんてんどうち = 驚天動地

月寒江清  

げっかんこうせい 月光が水に映って、涼しい天気

牛糞馬涎 

ぎゅうふんばせん = 牛溲馬勃

上行下効

じょうこうかこう 下が上を見倣う

窮閭阨巷  

キュウリョヤクコウ 狭苦しい貧民街

屠門大嚼 

ともんたいしゃく 代替行為で満足する

歓欣鼓舞

かんきんこぶ 大いに喜ぶ

聖衆来迎 

しょうじゅらいごう 諸菩薩 、仏の臨終の際に死者を迎える

沖漠無朕

チュウバクムチン 全てがぼんやりしている

君臣佐使 

くんしんさし 漢方薬の分類

稠人広衆 

ちゅうじんこうしゅう 群衆・公衆

軽描淡写 

けいびょうたんしゃ 大事な部分を取り扱わない

楊震四知 

ようしんしち 常に清廉潔白であるべき

摶沙一散 

たんさいっさん 人心が分散して纏まっていない

杜漸防萌 

トゼンボウホウ 良くないことを起こる前に防ぐ

鬼気森然 きき-しんぜん 緊迫した雰囲気

晋秦之好 

しんしんのこう 強い団結;政略結婚;婚姻

鳳友鸞諧

ほうゆうらんかい = 鳳友鸞交

恵風和暢 

けいふうわちょう めぐみの風でなごやかな気持ち

山筆海硯 

さんぴつかいけん 書き尽す

折槁振落 

セッコウシンラク 迚容易い

則闕之官 

そっけつのかん だいじょうだいじん(太政大臣)のこと

継体之君 

けいたいのきみ 正統な天子

奇偉俶儻 

きいてきとう 優れて並々ならぬ

合浦珠還 

ごうほしゅかん 遺失したものが又帰ってくる

別有洞天

べつゆうどうてん  = 別有天地

刺股懸梁 

しこけんりょう 自分自身を酷使して、勉強する

多生曠劫 

たしょうこうごう 幾たび生まれ変わるほど長い時間;永遠

斐然成章 

ひぜんせいしょう 豪奢な錦;文理が成就する;優れていること

教学相長 

きょうがくあいちょうず 教える側と教わる側の関わり合いで発生する相乗効果

脅肩諂笑 

きょうけんてんしょう 卑屈である

嚼歯穿齦 

しゃくしせんぎん 憤懣すること

感慨悲慟 

かんがいひどう 大変悲しむ

河東獅吼 

かとうしこう 嫉妬の感情の強い妻

嘉耦天成 

かぐうてんせい 婚姻を寿ぐ言葉

杜鵑啼血

とけんていけつ ホトトギスが鳴くときに血を吐くとされている

事序繽紛 

じじょひんぷん 順序が乱れる

咨咀逡巡

しそしゅんじゅん = 優柔不断

峻抜雄健 

しゅんばつゆうけん 他より遙かに強い

転彎抹角 

てんわんまっかく 諄い

皎皎冽冽 

こうこうれつれつ 清いこと

沈竈産蛙 

ちんそうさんあ 激甚の洪水

追根究蔕 

ついこんきゅうたい 徹底的に研究する

揣合逢迎 

しごうほうげい 他人の気持ちを推測して、取り入られる

虚有縹渺 

きょうひょうびょう ぼんやりである

芒刺在背 

ぼうしざいはい いてたまらなおい

別有洞天 

べつゆうどうてん = 別有天地

無見頂相 

むけんちょうそう 仏陀の頭にある肉髻 

烏瑟膩沙 

うしつにしゃ 仏陀の頂にある髻

渇塵万斛 

かつじんばんこく 心底から人を待つ

淪肌浹髄 

りんきしょうずい 深い感銘を受ける

峻宇雕牆 

しゅんうちょうしょう 極めて豪華な住居

百舎重繭 

ひゃくしゃちょうけん 長い旅で苦労する

孤臣孼子 

こしんげつし 侮られる庶子

落落穆穆 

らくらくぼくぼく 細かいことに拘らない

翠繞珠囲 

すいじょうしゅい 美人や華美なものが沢山

鑿飲耕食 

さくいんこうしょく 天下が平和で、生活が安らか;誰にでも支配されない

攻苦食啖 

こうくしょくたん 根気強く苦境に耐える

倚玉之栄 

いぎょくのえい 優れた人に寄る

黄茅白葦 

こうぼうはくい = 荒瘠斥鹵

俛出胯下 

ふしゅつこか = 韓信匍匐

尺牘書疏 

せきとくしょそ 文章の上手なこと

千緒万縷 

せんしょばんる = 千緒万端

宋弘不諧 

そうこうふかい  = 糟糠之妻

詞人墨卿 

しじんぼっけい = 騒人墨客

飲讌贈遺 

いんえんぞうい 人をもてなして、贈り物を贈る

飄飄踉踉 

ひょうひょうろうろう ふらふら

海屋添籌 

かいおくてんちゅう 長生きをほとごぐ

意義活恩 

いぎかつおん = 大義滅親

唐明有悌 

とうめいゆうてい = 長枕大被

瓜葛之親

かかつのしん 親戚が多い

大成若欠 

たいせいじゃくけつ = 大弁若訥

大徳不官 

だいとくふかん = 大道不器・大信不約

彫肝琢腎 

ちょうかんたくじん =彫心鏤骨

適怨清和

てきえんせいわ 憎むほど優れている

梯山航海

ていざんこうかい 何か大きなことを成し遂げようとするものが、険しい修行する

提綱挈領 

ていこうけつりょう 肝心なところを把握する

狐凭鼠伏 

コヒョウソフク = 城狐社鼠

快馬加鞭

かいばかべん 能力のあるものにさらなる努力をさせる

三徴七辟 

さんちょうしちへき 礼儀を尽くして立派な人を招聘する

昃食宵衣 

しょくしょくしょうい 天子が政治に明け暮れる

山木自寇 

さんぼくじこう = 膏火自煎

棠陰比事 

とういんひじ 裁判実話集

狙公配事 

そこうはいじ = 朝三暮四

汗馬刀槍 

かんばとうそう 激しい戦闘

頑執妄排 

がんしゅうもうはい 専念する

物議洶然

ぶつぎきょうぜん = 物論囂囂

閑花素琴 

かんかそきん 穏やかな春

揮汗成雨 

きかんせいう 人込み

屹然特立 

きつぜんとくりつ 山が高く聳える

梟盧一擲 

きょうろいってき 博奕

驍勇無双 

ぎょうゆうむそう  天下無双

狂悖暴戻 

きょうはいぼうれい 道理に暗く、乱暴

僅有絶無 

きんゆうぜつむ ほぼ何もない

金泥精描 

きんでいせいびょう 金色の塗料で精密にえがく

空花乱墜 

くうげらんつい いいかげんで、でたらめ

君子固窮 

くんしこきゅう 君子も人間である

求聞持法 

ぐもんじほう 記憶力増強方法

苦尽甘来 

くじんかんらい = 一陽来復

久遠実成 

くおんじつじょう 仏陀の輪廻転生

空穴来風 

くうけつらいふう 噂にも根拠

随処為主 

ずいしょいしゅ 常に自立的である

垂頭喪気 

すいとうそうき ショボンである

為山止簀 

いざんしき = 九仞の功を一簣に虧く

群盲評象 

ぐんもうひょうぞう 多数の視力障がい者が象を議題に語り合う

月白風清 

げっぱくふうせい 月様が白く光り、風が清らか

傾盆大雨 

けいぼんのたいう 強い雨

鶏骨支床 

けいこつししょう 喪にあって、羸痩している

瓊葩綉葉 

けいはしゅうよう 華美な花卉、刺繍のような葉っぱ

懸車之年 

けんしゃのとし 官吏が退職する年

厚貌深情

こうぼうしんじょう 外見は真面目で、心が深い

掲斧入淵 

けいふにゅうえん 間違ったやりかた

繋臂之寵 

けいひのちょう 気に入られること

継体之君 

けいたいのきみ 正統なよつぎ

計日程功 

けいじつていこう あっという間に遣り終える

傾家蕩産 

けいかとうさん 金を蕩尽して、破産する

継往開来 

けいおうかいらい 昔のことを受け継いで、進歩させる

言行枢機 

げんこうすうき 言行は何より肝心

献芹之意 

けんきんのい 自分の贈り物を謙遜する

言近旨遠 

げんきんしえん 普通の言葉でも、深長な意味合いを含有する

月明星稀 

げつめいせいき 一人の豪傑で多数の人物の存在感が薄れる

刮目相看 

かつもくそうかん = 刮目相待

河漢斯言 

かかんしげん = 河漢之言

改頭換尾 

かいとうかんび = 改頭換面

開誠布公 

かいせいふこう = 開心見誠

開迹顕本 

かいしゃくけんぽん =仏陀は仮の姿で、本体は既に成仏

開三顕一 

かいさんけんいち = 開権顕実

改弦更張 

かいげんこうちょう = 改弦易轍

厭穢欣浄 

おんえごんじょう = 欣求浄土

掩目捕雀 

えんもくほじゃく = 掩耳盗鐘

偃武恢文 

えんぶかいぶん = 偃武修文

吃喝嫖賭 

きっかつひょうと 食べる、酒を飲む、春を買う、博打する

銀鱗躍動 

ぎんりんやくどう 活発な活動

四字熟語は漢検1級にとって極めて重要な要素であって、その学習は漢検1級の合格を目指すものにとって欠かすべからざることである。

意義活恩 

いぎかつおん = 大義滅親

唐明有悌 

とうめいゆうてい = 長枕大被

瓜葛之親

かかつのしん 親戚が多い

大成若欠 

たいせいじゃくけつ = 大弁若訥

大徳不官 

だいとくふかん = 大道不器・大信不約

彫肝琢腎 

ちょうかんたくじん =彫心鏤骨

顔子一瓢 

がんしいっぴょう = 箪食瓢飲

雕虫小技 

ちょうちゅうしょうぎ = 咬文嚼字

適怨清和

てきえんせいわ 憎むほど優れている

亭亭皎皎 

ていていこうこう 遠くに輝く

梯山航海

ていざんこうかい 何か大きなことを成し遂げようとするものが、険しい修行する

提綱挈領 

ていこうけつりょう 肝心なところを把握する

狐凭鼠伏 

コヒョウソフク = 城狐社鼠

逐禍之馬 

ちっかのうま = 伐性之斧

雲笈七籤 

うんきゅうしちせん 道教の書籍

快馬加鞭

かいばかべん 能力のあるものにさらなる努力をさせる

三徴七辟 

さんちょうしちへき 礼儀を尽くして立派な人を招聘する

昃食宵衣 

しょくしょくしょうい 天子が政治に明け暮れる

山木自寇 

さんぼくじこう = 膏火自煎

棠陰比事 

とういんひじ 裁判実話集

狙公配事 

そこうはいじ = 朝三暮四

汗馬刀槍 

かんばとうそう 激しい戦闘

頑執妄排 

がんしゅうもうはい 専念する

物議洶然

ぶつぎきょうぜん = 物論囂囂

閑花素琴 

かんかそきん 穏やかな春

揮汗成雨 

きかんせいう 人込み

屹然特立 

きつぜんとくりつ 山が高く聳える

梟盧一擲 

きょうろいってき 博奕

驍勇無双 

ぎょうゆうむそう  天下無双

狂悖暴戻 

きょうはいぼうれい 道理に暗く、乱暴

僅有絶無 

きんゆうぜつむ ほぼ何もない

金泥精描 

きんでいせいびょう 金色の塗料で精密にえがく

空山一路 

くうざんいちろ 奥深い山脈の一本道

解甲帰田

かいこうきでん 軍を辞めて、農業する

群分類聚 

ぐんぶんるいじゅう 同じ物を集め、違うものを分ける

薫陶成性 

くんとうせいせい 菁莪

君子固窮 

くんしこきゅう 君子も人間である

求聞持法 

ぐもんじほう 記憶力増強方法

苦尽甘来 

くじんかんらい = 一陽来復

久遠実成 

くおんじつじょう 仏陀の輪廻転生

空穴来風 

くうけつらいふう 噂にも根拠

随処為主 

ずいしょいしゅ 常に自立的である

垂頭喪気 

すいとうそうき ショボンである

為山止簀 

いざんしき = 九仞の功を一簣に虧く

群盲評象 

ぐんもうひょうぞう 多数の視力障がい者が象を議題に語り合う

月白風清 

げっぱくふうせい 月様が白く光り、風が清らか

傾盆大雨 

けいぼんのたいう 強い雨

鶏骨支床 

けいこつししょう 喪にあって、羸痩している

瓊葩綉葉 

けいはしゅうよう 華美な花卉、刺繍のような葉っぱ

懸車之年 

けんしゃのとし 官吏が退職する年

掲斧入淵 

けいふにゅうえん 間違ったやりかた

繋臂之寵 

けいひのちょう 気に入られること

継体之君 

けいたいのきみ 正統なよつぎ

計日程功 

けいじつていこう あっという間に遣り終える

傾家蕩産 

けいかとうさん 金を蕩尽して、破産する

継往開来 

けいおうかいらい 昔のことを受け継いで、進歩させる

堅苦卓絶 

けんくたくぜつ 苦難に忍耐する素質

献芹之意 

けんきんのい 自分の贈り物を謙遜する

言近旨遠 

げんきんしえん 普通の言葉でも、深長な意味合いを含有する

月明星稀 

げつめいせいき 一人の豪傑で多数の人物の存在感が薄れる

刮目相看 

かつもくそうかん = 刮目相待

河漢斯言 

かかんしげん = 河漢之言

改頭換尾 

かいとうかんび = 改頭換面

開誠布公 

かいせいふこう = 開心見誠

開迹顕本 

かいしゃくけんぽん =仏陀は仮の姿で、本体は既に成仏

開三顕一 

かいさんけんいち = 開権顕実

改弦更張 

かいげんこうちょう = 改弦易轍

厭穢欣浄 

おんえごんじょう = 欣求浄土

掩目捕雀 

えんもくほじゃく = 掩耳盗鐘

偃武恢文 

えんぶかいぶん = 偃武修文

吃喝嫖賭 

きっかつひょうと 食べる、酒を飲む、春を買う、博打する

銀鱗躍動 

ぎんりんやくどう 活発な活動

愛執染着

あいしゅうぜんちゃく 恋煩悩

孟浪杜撰

まんらんずさん・もうろうずさん いいかげん

茶煙鬢糸

ちゃえんびんし 年をとって昔を思い出す

前度 劉郎

ぜんどりゅうろう 去った人が帰る

東山高臥

とうざん-こうが 幽境に隠居する

散髪箕踞

さんぱつききょ 何にも束縛されていない隠者

不得要領

ふとくようりょう 肝心なところを掴めていない

橙黄橘緑

とうこうきつりょく 冬のはじめの暖かい天気

松柏後凋

しょうはくごちょう 苦境にこそ人の本当の価値が試される

藍尾之酒

らんびのさけ 一番年をとった者が飲む特別のめでたい酒

論功行賞

ろんこうこうしょう 実績に合った報酬

孤影悄然・狐影蕭然

こえいしょうぜん ショボンで寂しい

駟不及舌

しふきゅうぜつ 一回喋ったら、もう取り返しがつかない

凱風寒泉

がいふうかんせん 両親と子供が互いを大事にしあう

譎詭不経

けっきふけい 誇張ででたらめ

怪誕不経

かいたんふけい 怪しくて、不稽

海内冠冕

かいだいのかんべん 随一で無双

海翁失鷗

かいおうしつおう 卑しい魂胆が見破られる

廉頗負荊

れんぱふけい 真面目に謝る

蕉鹿之夢

しょうろくのゆめ この世は大変儚い例え

阿保之功

あほのこう 幼き者を育て養うこと

哀悼痛惜

あいとうつうせき 人が亡くなるのを悼む

焉哉乎也

えんさいこや 様々な助辞 

亮遺巾幗

りょういきんかく めめしい

君子自慊

くんしじけん 賢い人は自分の力量にいつまでも満足せず努力を重ねる

相如四壁

しょうじょしへき 家が貧乏で壁以外なにもない

玉肌香膩

ぎょくきこうじ 美肌

心慌意乱

しんこういらん 大変慌て乱心する

開源節流

かいげんせつりゅう 収入源を確保し、出費を抑える

祥月命日

しょうつきめいにち 死亡月日

亦歩亦趨

えきほえきすう 学生が先生から学ぶ

破天荒解

はてんこうかい = 前人未到

断根枯葉

だんこんこよう 悪いことを根括ぎに芟除する

抜山翻海

ばつざんほんかい = 抜山蓋世

猿号擁柱

えんごうようちゅう 弓術に長けた人物

英雄好色

えいゆうこうしょく 英雄たる人物は目合う行為を嗜好する

淵広魚大

えんこうぎょだい 然るべき環境が整備されていれば、その規模や性質にあった当事者が現れる

宝篋印塔

ほうきょういんとう 仏教の塔

貧賤憂戚

ひんせんゆうせき いやしくてまずしい

牝鶏司晨

ひんけいししん = 牝鶏之晨

謬悠之説

びゅうゆうのせつ 妄説

哀感頑艶

あいかんがんえん どんな心境の人でも感動されるほどの素晴らしい声

矜高倨傲

きょうこうきょごう = 傲慢不遜

秋空霽海

しゅうくうせいかい 我欲のない清い心

招木先伐 

しょうぼくせんばつ = 甘井先竭

霊龜先灼

れいきせんしゃく = 甘井先竭

神蛇先暴

しんだせんばく = 甘井先竭

昊天罔極

こうてんもうきょく 自分の両親に対する恩

懊悩焦慮

おうのうしょうりょ 悩む

如意宝珠

にょいほうじゅ 霊験灼たかな宝珠

恩沢洪大

おんたくこうだい 深い慈しみ

趁熱打鉄

ちんねつだてつ 鉄は熱いうちに打て

懐才不遇

かいさいふぐう いろいろ上手くいかない;有能な者が重宝されていない

蓬頭赤脚

ほうとうせききゃく = 蓬頭垢面

蜂房水渦

ほうぼうすいか 家が沢山密集している

楊子岐泣

ようしききゅう = 哭岐泣練

百口嘲謗

ひゃっこうちょうぼう = 万目睚眥

三月庭訓

さんがつていきん 勉強をすぐやめる

寒花晩節

かんかばんせつ 老いても節操を守る

花天月地

かてんげっち 花が咲き、月が明るし

和気香風

かきこうふう 和やかな天候で、馨しい風

花鳥月露

かちょうげつろ 見目良い風景

外寛内明

がいかんないめい 他の人に対して穏健で、自分自身に厳格

戒驕戒躁

かいきょうかいそう 驕らないで、慌てないこと

兼愛交利

けんあいこうり 汎愛精神

黄中内潤

こうちゅうないじゅん 有能者がその才能を秘匿している

困知勉行

こんちべんこう 根気強く頑張る

山簡倒載

さんかんとうさい 飲酒を嗜好する

識途老馬

しきとろうば = 老馬之智

魯魚陶陰

ろぎょとういん = 魯魚亥豕

六趣輪廻

ろくしゅりんね = 六道輪廻

和容悦色

わようえつしょく = 和気藹藹

廓然無聖

かくねんむしょう 究極の心理を悟った境地に入る

千変万軫

せんぺんばんしん = 千変万化

格調高雅 かくちょうこうが 高貴で優雅

活火激発

かっかげきはつ 勢いの激しい火

直言無諱

ちょくげんむき = 直言極諫

仏足石歌

ぶっそくせきか 仏陀の足を拝める聖歌

背山起楼

はいざんきろう = 建築物で美しい風景を台無しにする

怨徹骨髄

えんてつこつずい 怨めしく思う念が身体髪膚に染み込む

小草生月

おぐさおいづき 2月の異称

奴顔婢膝

どがんひしつ 卑屈なる振る舞いや態度

縫衣浅帯 

ほういせんたい 儒者の服装

褒衣博帯

ほういはくたい 儒者の服装

逢掖之衣

ほうえきのい 儒者の服装

貌合心離

ぼうごうしんり 表向きで仲良くしているが、内心で反目の気持ちを抱く

円孔方木

えんこうほうぼく 物事が合わない

鵬霄万里

ほうしょうばんり = 鵬程万里

鴬語花舞

おうごかぶ 麗らかな春

不学亡術

ふがくむじゅつ = 無知蒙昧

倒懸之急

とうけんのきゅう 緊迫している状態

韜光養晦

とうこうようかい = 韜光晦迹

行不由径

こうふゆけい こそこそせず、堂々と行う

陳思七歩

ちんしちちほ 繍腸

刀耕火耨

とうこうかどう = 刀耕火種

異榻同夢

いとうどう = 同床異夢

循常習故

じゅんじょうしゅうこ 旧態依然のやり方

投珠報宝

とうしゅほうほう = 投桃報李・桃来李答

怒髪指冠

どはつしかん = 怒髪衝天

安常処順

あんじょうしょじゅん 如何なる心配がない

安歩当車

あんぽとうしゃ 代替行為を通して不足していることを疑似的に得る

暗渡陳倉

あんとちんそう 人に気づかれないように関係を持つ

按部就班

あんぶしゅうはん 順序正しく文章を執筆する

委曲求全

いきょくきゅうぜん 細部にわたって全体を書きあらわす

董遇三余

とうぐうさんよ = 読書三余

徳性滋養

とくせいじよう 道徳を育成する

土豪悪覇

どうごうあくは = 土豪劣紳

斗升之禄

としょうのろく 僅かな給料

敦厚周慎

とんこうしゅうしん  厚い人情にして、慎みを以て行動する

軟紅車塵

なんこうしゃじん 華やかなまち

逸事奇聞

いつじきぶん 珍しいはなし

一新更始

いっしんこうし 刷新

以弁飾知

いべんしょくち 言葉で言いつくろう

杯水輿薪

はいすいよしん = 足りない・役に立たない

得匣還珠

とっこうかんしゅ 外見を重視して、本質を度外視

伯夷叔斉

はくいしゅくせい 兄弟姉妹の順番

考証該博

こうしょうがいはく = 博引旁証

伯牙絶弦

はくがぜつげん 友達が亡くなる

招揺過市

しょうようかし 偉そうに住宅街を闊歩する

傾揺解弛

けいようかいし 不安で、ことを疎かにする

游移不定

ゆういふてい 踏み出せず、ぐずぐず

閑人適意

かんじんてきい 隠居して、悠悠自適

優孟衣冠

ゆうもういかん 他の人の真似る

煩悶懊悩

はんもんおうのう 悩む、苦しむ、悶える

毛骨悚然

もうこつしょうぜん 強く怖がる

黯然失色

あんぜんしっしょく ショックによる脱力感に襲われる

怡然自得

いぜんじとく 落ち着いていて、満足している

一結杳然

いっけつようぜん 文の絶妙な後味

有相執著

うそうしゅうじゃく 現象世界に拘泥する

烏孫公主

うそんこうしゅ 特定の目的を達成するために婚姻関係を結ぶ

棣華増映

ていかぞうえい = 棣鄂之情

程孔傾蓋

ていこうけいがい 旧知と偶然に出会う

滴水嫡凍

てきすいてきとう 高い集中力で修行する

顛委勢峻

てんいせいしゅん 河川の水勢が強い

顛越不恭

てんえつふきょう 人倫に背き、言うことをきかない

三徴七辟

さんちょうしちへき 丁寧な招き方

田園将蕪

でんえんしょうぶ  田畑があれる

天香桂花

てんこうけいか 美人の婉曲表現

伝観播弄

でんかんはろう 大勢の人に弄われる

天人冥合

てんじんめいごう 神と人の調和

羽翼既成

うよくきせい 基盤や土台が整備される

白荼赤火

はくとせきか 大規模な戦闘

雲外蒼天

うんがいそうてん  苦労や困難の向こうにいいことが待っている

煙視媚行

え ん し びい こう 雄が雌を待ち望んでいる

蟹行鳥跡

かいこうちょうせき 東洋と西洋のそれぞれの文字

報仇雪恨

ほうきゅうせっこん 敵に復習して、雪辱を果たす

肝胆胡越

かんたんこえつ 遠いもの同士は似たり、近いもの同士が異なったりする場合がある

肝腎肝文

かんじんかんもん 極めてに大事なこと

団雪之扇

だんせつのおうぎ 時節にあわないもの、愛情が切れること

琴心剣胆

きんしんけんたん 優雅なことを嗜み、尚武の心構えもある

一身是胆

いっしんしたん 懼れない態勢

竜肝豹胎

りょうかんひょうたい 珍奇なもの

雪中送炭

せっちゅうそうたん 困っている人を助ける

以湯沃雪

いとうようせつ 容易に遣り遂せること

程門立雪

ていもんりっせつ 学生が先生を尊敬する、教わりたい気持ちでいる

金石糸竹

きんせきしちく  諸々の楽器

南風之詩

なんぷうのし 平和な世

理世撫民

りせいぶみん  平和な世の中

紫緋紋綾

しひもんりょう 偉い人の服装

天魔波旬

てんまはじゅん 修行を邪魔する魔物

東岳大帝

とうがくたいてい 寿命を支配する神

木牛流馬

ぼくぎゅうりゅうば 兵糧運搬装置;敵対勢力を欺くからくり

攀轅扣馬

はんえんこうば 強く役人を慰留する

馬痩毛長

ばそうもうちょう 貧乏状態で知恵が回らなくなる

非驢非馬

ひろひば なんともいえない状態

兵荒馬乱

へいこうばらん 戦争で世が乱れる

紛擾雑駁

ふんじょうざっぱく いろんなものが入り乱れる

延陵季子

えんりょうきし 世の中を治政する


子虚烏有

しきょうゆう 無の状態

羅織虚構

らしききょこう 冤罪

鬼家活計

きかかっけい 無意味なこと

孤灯一穂

ことういっすい 一灯

鶏犬不寧

けいけんふねい 不安で落ち着かない

狼心狗肺

ろうしんこうはい 残忍で、貪欲

粗鹵狭隘

そろきょうあい 無知蒙昧

粗鹵迂遠

そろうえん 品質が劣っていて、無益

塵垢粃糠

じんこうひこう 役に立たない

梧前灯火

ごぜんとうか 読書する

卓爾不群

たくじふぐん 群を抜くこと

尺蚓穿堤

せきいんせんてい 微々たることで、大きな被害が発生する

懸河瀉水

けんがしゃすい  流暢なこと

咬牙切歯

こうがせっし 悔しい気持ち

未練未酌

みれんみしゃく 諦めがついていない

三密瑜伽

さんみつゆが 密教における修行

旦暮周密

たんぼしゅうみつ ずっと真面目に取り組み続けること

五方雑処

ごほうざっしょ 都会でにおけるどこも雑多な感じ

二桃三士

にとうさんし 謀略で他人を失脚させる

桃林処士

とうりんしょし 牛の異称

信誓旦旦

しんせいたんたん 心から誓いをたてる

広宵大暮

こうしょうたいぼ 死を悲しむ

一言九鼎

いちげんきゅうてい 大きな意味が含有されることば

一言蔽之

いちげんへいし たった一言で全てを言いつくす

易如反掌

いじょはんしょう 容易にできる

輸攻墨守

しゅこうぼくしゅ 防衛と攻撃が拮抗している

絶観忘守

ぜっかんぼうしゅ 悟りの境地

故歩自封

こほじふう 旧態依然に拘泥している

四字熟語の勉強は漢検1級合格には欠かせないことです。

戴封積薪

たいほうせきしん 皆の役に立つ目的のために自分を犠牲にすること

華封三祝

人生における三つの幸福:長生き・金持ち・息子が多い;対してそれらは三つの不幸の元でもある

頭北面西

ずほくめんさい 遺体を置ける方角

禽息鳥視

きんそくちょうし 無駄に生きること

操刀傷錦

そうとうしょうきん 力量不足で自分を損なう、若しくはことを駄目にする

含牙戴角

がんがたいかく 動物全般

老莱戯綵

ろうらうぎさい  年とっても親に尽くす

仏籬祖室

ぶつりそしつ 仏陀の教えの宗派

耆老久次

きろうきゅうじ 年とっても昇格できない

噴薄激盪

ふんぱくげきとう 水流が強い

昂首闊歩

こうしゅかっぽ 恣に傍若無人に行動する

鑿竇止水

さくとくしすい 悪い事を除こうと、逆にその拡大の原因を作る

捨閉閣抛

しゃへいかくほう 念仏を唱えるだけの修行方法

灼然炳乎

しゃくぜんへいこ 輝かしいほど明らかである

中冓之言

ちゅうこうのげん 性的営みが行われる場所に言われる言葉

彭祖之寿

ほうそのじゅ 稀にみる長生き

流血浮尸

りゅうけつふし 戦で流れる血と屍の山々

敵愾同仇

てきがいどうきゅう 敵の敵を相手にその敵とともに戦う

仰事俯畜

ぎょうじふちく 生計を立てる、家のもの豢擾

強理勁直

きょうりけいちょく 理に強く、直情である

固陋蠢愚

ころうしゅんぐ 井見の蛙にして、優柔不断

雍也論語

ようやろんご 学問をすぐにしなくなる

淋漓尽致

りんりじんち 素晴らしい文

長江天塹

ちょうこうてんざん 長江という川  は自然の壕のようなもの

截髪易酒

せっぱつえきしゅ 自分を犠牲にしても来客を手厚く饗す

四顧寥廓

しこりょうかく 周囲にものがなく、寥落している

医鬱排悶

いうつはいもん 憂いや心配を無くす

頭会箕斂

とうかいきれん 税金を沢山聚める

翹足引領

ぎょうそくいんりょう 強く俟つ

蓼虫忘辛

りょうちゅうぼうしん その環境になれたら、たとえその悪い部分でも受け入れる

磨揉遷革

まじゅうせんかく 善なる方に育成する

蓼莪之詩

りくがのし 父母の死を憂える

大梵高台

だいぼんこうだい 豪華な建築物

鉄梃大尽

かなてこだいじん 頑固

飢腸轆轆

きちょうろくろく お腹が空いたとき胃腸から聞こえる音

風檣陣馬

ふうしょうじんば 力強い文

虫臂鼠肝

ちゅうひそかん 役に立たない、価値のないもの

青楼薄倖

せいろうはっこう 遊女を買うところに通う浮気男

銷遣之具

しょうけんのぐ 憂いを無くす方法

麋鹿之姿 

びろくのすがた 下品で粗末

参天弐地

さんてんじち 天の徳と地の徳が等しい

閨英閣香

けいえいかっこう 学問に優れ、才能の有る婦人

循規蹈矩

じゅんきとうく 決まり事を守ったうえの行動

赴湯蹈火

ふとうとうか 危険性を顧みず、果敢に行う

米珠薪桂

べいしゅしんけい 生活する上で必要なものの値段が大変高い

呉市吹簫

ごしすいしょう 有能なものがそのとき苦しい生活を強いられる

老生常譚

ろうせいのじょうだん なんども聞かされたことある陳腐な話し

雨笠煙蓑

うりゅうえんさ 漁業関係者の様子

当面蹉過

とうめんさか 直ぐ傍に居乍ら見落とす

四絃一撥

しげんいっぱつ 琵琶の全ての弦を同時に鳴らす;寂寥たる心情

金屋貯嬌

きんおくちょきょう 愛人を抱える

魴魚赬尾

ほうぎょていび 国を治めるものの努力

一里撓椎

いちりどうつい 多くの人間が同一のものを唱えたら、それが事実として定着する

冤家路窄

えんかろさく 避けたい人に出くわす

嫁娶不同

かしゅふどう 自分側にとって有利な婚姻関係構築方法

滾瓜爛熟

こんからんじゅく 習熟度の高い造詣や技能

楽羊啜子

がくようてっし 忠心を見せるために身内を殺す

王述忿狷

おうじゅつふんけん 怒りっぽい性格

嘔心瀝

おうしんれきけつ 力いっぱいでことに当たる

羅綺千箱

らきせんばこ 実用性を欠いた贅沢

四字熟語は漢検1級の中で、30点が配点されている第4部だけでなく、読みや故事・諺などの部分にも幅広く出題されるので、四字熟語に関する知識は漢検1級の合格を目指すものにとっては極めて重要な意味をもっている。

A list of 4 kanji-character idioms (“yojijukugo”) for the Kanji Kentei level 1 (Kanken level 1)