2021年6月現在検索可能な一般公開情報の範囲で確認できる漢検1級外国人合格者

(注:この場合の外国人の定義は、1)日本語非母語話者;2)非漢字圏出身者、であるものとする)

1.ブレット・メイヤー氏(Bret Mayer)

漢検1級に受かったブレット・メイヤー
漢検1級に受かったブレット・メイヤー. source: TEDx Hamamatsu

アメリカ出身のブレット・メイヤー氏は2012年に日本語非母語話者にして非漢字圏出身者として歴史上初めて漢字検定1級(漢検1級)に合格できたとされている人です。

Bret Mayer (from the US) is believed to be the first in history non-native Japanese language speaker, as well as the first non-native kanji learner, who was able to pass the 1st level of the Kanji kentei test, which he did in 2012.

ブレット メイヤーは史上初めて漢検1級に受かった外国人でした。

2.ジョン・ブロブスト氏(John Brobst)

漢検1級に受かったジョン・ブロブスト
漢検1級に受かったジョン・ブロブスト. source: TV Tokyo

ブレット・メイヤー氏に続いて、2013年に二人目の日本語非母語話者にして非漢字圏出身者として漢検1級に合格できたのはアメリカ出身のジョン・ブロブスト氏でした。

In 2013 John Brobst (from the US) became the second non-native Japanese language speaker and a non-native kanji learner who was able to pass the first level of the Kanji kentei test.

ジョン ブロブストは二人目の外国人漢字検定1級合格者でした。

3.ウスコフ・エフゲニ(Uskov Evgeny)

日本語検定1級 Nihongo kentei 1 level
ロシア出身の外国人が合格した漢検1級の証書

2021年2月に行われた令和2年度3回目の日本漢字能力検定1級に受かったロシア出身のウスコフ・エフゲニは日本語非母語話者にして非漢字圏出身者として推定上3人目の外国人漢検1級合格者になりました。

In so far as it is possible to assume based on the publicly available information, in February 2021 Uskov Evgeny (from Russia) became the third “foreigner” who has been able to pass the first level of the Japan Kanji Aptitude Test.

ウスコフ エフゲニは推定上外国人としての三人目の漢検1級合格者です。

尚、本記事の執筆にあたっての情報収集過程において、他の漢検1級外国人合格者に関する幾つかの伝聞程度の情報が確認されたのですが、当該人物に付与された漢検1級合格証書の画像のようなその主張を裏付けるにたる確たる証拠がなかったので、斯かる情報の掲載を見送ることにしました。

Note: although upon collecting information for this article the author has encountered several anecdotal references to other “foreigners” who allegedly were also able to pass the first level of the Kanji kentei test, as it was not possible to confirm the existence of any concrete evidence to corroborate those claims – such as official passing certificates given to those persons – such instances were omitted.

日本漢字能力検定1級(漢検1級)は日本語を母語とするものにとっても大変難易度が高い検定とされている中、漢字とそれに基づいている語彙の学習に長い時間と根気強い努力を傾注し、それに合格できた外国人もいます。ここにてそれらの外国人漢検1級合格者を紹介します。